寒い季節にぴったり!綿100%ニット生地の羽毛布団カバーが暖かい。

20191213f

こんにちは、店長です!

寒い冬の夜、皆さまいかがお過ごしでしょうか。あったかいお布団でぬくぬく気持ちよく眠っていますか?

ヒトが一番気持ち良く眠ることができる寝具環境の温度は「33℃」が目安。暑すぎてもそれはそれで寝苦しいですが、お布団の中の温度が低すぎると体が冷えて寝つきが悪くなることもあります。

寒さにブルブル震えながら布団を頭まで被っている、そんな方への朗報をご紹介いたします!

羽毛布団専用の冬用カバーリング。

20191213a

20191213c

今期から新しく採用した羽毛布団専用カバーリング。素材は綿100%ですがオーソドックスな平織りではなく、少し太い糸を編み込んだニット生地というのがポイントです。糸の編み目の間に空気をたっぷり含む性質を持ち、体温をしっかり保温しながら外の冷たい空気をシャットダウンしてくれる性能が魅力です。

編み糸はコーマ糸といい、糸を紡ぐ際に短い繊維を出来るだけ取り除いているものを使用。毛羽落ちを防ぐとともに糸質の均一化が取れるので、肌さわりの良いソフトな質感を出すことができます。

20191213b

カラーリングは秋冬に合うスモーキーカラーで統一。左からグレー・ネイビー・モカ・カーキの4種類をご用意しました。

20191213d

個人的に好きな色はグレー。薄すぎず濃すぎず、どんなお部屋にも溶け込んでくれると思います。グレー色の格好良いカバーリングってなかなか見つからないので、ぜひ実物を手にとって見て欲しい。

20191213e

羽毛布団に掛けるとこんな感じ。布団とカバーがぴったり一体化してくれます。

20191213i

布団とカバーを結ぶヒモは全部で8カ所。使っているうちにヒモが外れないようにボタンでパチンと止める式にしています。当店のカバーリングは全てこのボタン式です。

20191213g

20191213f

羽毛布団に掛けて実際に使ってみた印象は「じぶんの体と布団がぴったり密着すること」。厚手のニット生地なので多少重たくはなるのですが、その分掛け心地に安定感が出ます。体の側面や足元にもちゃんと布団が被っていることが実感できるので、なんだか安心して羽毛布団に包まれることができるイメージですね。

これだけふかふかの生地ですから布団に入った瞬間のヒヤっと感はほぼ無し。体温がカバーや布団全体にじんわりと伝わって「あ、今あったかくなってる」と感じてもらえるはずです。

20191213h

サイズ・価格

  • SL(150×210cm) ¥15,800(税込)
  • SDL(170×210cm) ¥21,200(税込)
  • DL(190×210cm) ¥22,000(税込)
  • QL(210×210cm) ¥25,000(税込)
  • KL(230×210cm) ¥28,000(税込)

※店頭にないサイズも1週間ほどでお作りすることができます。詳細はスタッフまでお尋ねください。

今お使いの羽毛布団にもうちょっと暖かさをプラスしたい方。

掛け布団の着心地にフィット感をプラスしたい方。

そんな要望にお応えできるカバーリングシリーズだと思います。ぜひTHE BEDROO SHOP sanbun_no_ichi松山店でカバーの質感をお試しくださいませ。

それでは、また!

この記事を書いたひと

店長・三浦 峻
大学卒業後、雑誌編集・ライター業を経て寝具メーカー【西川リビング㈱】に入社。4年間みっちりと寝具・眠りに関する事を勉強して地元・愛媛県に帰郷。現在は三浦綿業の店長として、眠りの大切さを多くのお客様にお届けしています。

コメントする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

UA-61983931-1