Blog 私たちが伝えたいこと

2019/11/13

【納品事例】大洲市・Y様/自分だけの寝心地を追求するベッドマットレス

納品事例

20190928l

こんにちは、店長です!

今回は大洲市にお住まいのお客様のもとにベッドとマットレスをお届けした様子をご紹介いたします。

 

9月はじめに当店にお越しになったY様は自分たち夫婦が使うベッドとマットレスを探しているといい、「せっかくなら自分にぴったり合った寝心地というものを体験してみたい」という希望をお持ちでした。

今まで使ってきたベッドはダブルサイズ。スプリングコイルのマットレスも使用年数が10年を超えてきたのでもうそろそろ買い替えかな、もし買い替えるなら今度はシングルサイズにしたいな、とのこと。

体の悩み・眠りの悩みはお二人とも腰痛です。朝の目覚めがもっと楽にスッキリできたらどれだけ毎日が楽しくなるだろう、と遠い目をしながら語っていた奥様の横顔が印象的でした。

 

20190928q

「自分にぴったり合った寝心地」というものは、自分が一番綺麗な姿勢で眠ることができる環境という風に言い換えることができます。

綺麗な姿勢というのは立った時で言うまっすぐの姿勢。猫背や反り腰にならずに頭から足首までが一直線になると、頚椎から始まる背骨のS時カーブが自然な曲線を描きます。この姿勢が腰や肩・首に一番ストレスがかからない形なので、眠っている間もできるだけ体が一直線になるように。この環境を寝具で作り上げるというのが私たちのお仕事です。

 

20190922e

眠る姿勢を一直線にする最も簡単な方法は「硬い敷き布団・マットレスを使う」こと。体の重たい部分(腰や背中)もしっかり支えてくれますから、変に腰だけ沈んでしまうこともなく、一直線の寝姿勢を作り出してくれます。

腰痛には硬い敷き布団が良いと言われ続けているのは、この理論が元になっているのでしょう。この硬いマットレス神話は多くの方に浸透していますので、マットレスを探しにくるお客様はとりあえず硬めのものから目をつけていきます。お店側はお客様が求めるものをご紹介するのがお仕事ですから、硬くてしっかりしたマットレスをメインにご提案しますし、それがお客様のためになると思うのが当然です。

しかし、硬いということは自分の体重を吸収する柔軟性が低いということでもあります。畳やフローリング直に寝ると体が痛くなりますよね。これは自分の体重が体が押し潰す圧迫感ゆえの痛みです。この負荷を押し返せるだけの筋肉を体に備えている方であれば硬いところでもOKなのですが、普段特に運動などはしていない方やスレンダーな女性、腰にくびれができやすい人ならどうでしょうか。突出した肩甲骨や骨盤が体重により圧迫されて痛みが生じるでしょう。血管も潰してしまうので血流が悪くなり、疲労物質が筋肉に蓄積されてしまうとコリが発生する要因につながります。仰向きではだんだんしんどくなるので横向きに寝返りを打ちますが、今度は肩にだんだん体重がかかってきて、朝起きたら手がしびれている。こんな経験、自分にもあるかも。

 

20190922f

当店は「睡眠時間を圧倒的に気持ち良いものにする」ことを重点的に考えるお店ですので、姿勢は良くなるかもしれないけれど体が休まらない硬いマットレス神話には否定的なスタンスです。目指すのは自分の体重を極限までゼロにすること。マットレスの柔軟性と弾力性のバランスを調整しながら、硬すぎず柔らかすぎずをどこまで表現できるかに全てのチカラを注ぎます。

初めて当店のマットレスをお試しになる方のほとんどが「他の店で試したものより柔らかい」と言います。今回のY様も今治イオンモールの枕屋さんやアイソウさん、ニトリなどで試したマットレスより柔らかいとおっしゃいました。

でも、嫌じゃないんです。むしろ、気持ち良いかもっていう不思議な感覚。もちろん、体型測定を行なって、体の特徴とバランスを見極めた結果、硬いマットレスはY様たちには合わないと判断したからです。

色々とじっくり寝比べていただいた結果、奥様と旦那様にはそれぞれ全く異なる材質のマットレスをお使いいただくことに。旦那様には高反発ウレタンフォームのオーダーメイドマットレスです。

 

20190928p

奥様にはウッドスプリングとラテックスマットレスの組み合わせ。

人はそれぞれ身長・体重、眠る時の体勢、肩幅やお尻の出っ張り方が異なります。その結果がお二人のマットレス選びの差につながりました。

お届け当日。

20190928a

ご来店から約1ヶ月。ベッド・マットレスのお届けにやってきました!

 

20190928b

まずはベッドフレームから。写真右が旦那様用、左が奥様用です。どちらもヘッドボードがないデザインですので、シングルサイズを2台並べていますが圧迫感がなくスッキリとした印象です。

 

20190928g

旦那様専用に作成したオーダーメイドマットレスから設置していきましょう。

 

20190928h

表面の四角い区切りの大きさを変えることで、マットレスの寝心地を部分的に調整。重たい腰部分は少し硬めに、肩は硬いと痛くなるので柔らかく、といった具合です。

高反発ウレタンだけで作ったマットレスはどうしても硬くなりがちなので、表面に中反発というもっちりとした素材をミックスしてフィット感を大事にしているのがオーダーメイドマットレスのポイントですね。仰向き寝でも体の凸凹ラインにフィットする感覚を得ることができます。

 

20190928i

18cmの厚みでしっかりと長年使えるように。

 

20190928c

さて、お次は奥様の方。

木目がとても綺麗な無垢材・栗の木を使用した専用ベッドフレームにウッドスプリングをはめ込みます。

 

20190928d

頭から足先まで強度の調整ができるウッドスプリングで、奥様が一番綺麗に眠れる土台作り。

 

20190928e

20190928f

巷に多いプラスチック製のウッドスプリングとは違い、木とゴムだけで作り上げているので、体に沿うようなとても優しい曲がり方をしてくれます。

 

20190928j

上にセットするのは天然ゴム100%のラテックスマットレス。ラテックスの中でももっちりとした柔らかさが特徴のタイプなので、腰のくびれに大きく隙間ができて横向きに寝ると肩が痛くなる奥様の悩みを毎日サポートしてくれるはずです。

 

20190928m

マットレスにシーツを掛けたあとは綿100%ガーゼの敷きパッド。4重ガーゼ生地の中には脱脂綿が入っているので汗や湿気をしっかりキャッチしてくれます。洗えば洗うほどにふんわりしてくるので、使い込むほどに愛着がわくアイテムです。敏感肌の方やお子さんにもおすすめです。

 

20190928o

20190928n

頭と首を支えるのはオーダーメイド枕。

お使いになるマットレスの寝心地に合わせて高さを調整しているので、相乗効果はバツグン。体全体を支える寝具がぴったり!という理想の環境を作り上げます。枕自体は年数がたつと絶対にヘタるので、定期的に無料で微調整・アフターフォローさせていただきます。

 

お届けから1ヶ月がたち、寝心地はいかほどかをY様にお伺いしてみました。

お世話になっております!

最初は違和感があり柔らかすぎるのかも…と思ったりしていましたが、最近になって本当に気になることもなくなり寝心地も良いです。

主人は最初から違和感はなかったようです!

 

違和感が続いているようであればウッドスプリングの強度を微調整するためにご自宅にお邪魔しようと思ったのですが、以前のマットレスからの寝心地の変化が強かった奥様も少しずつ慣れていって、今では気持ちよくおやすみいただけているようです。

枕にせよ、マットレスにせよ、実際に使ってみないと本当の寝心地は判断できませんからね。だから当店の寝具はいつでも何度でも調整できるシステムにして、気持ち良い眠りが末長く続くように考えています。

Y様、このたびは当店をご利用いただきまして誠にありがとうございました!

これからも定期的なメンテナンスを行なっていきますので、ぜひご利用くださいませ☆

それでは、また!

⇒ ベッドマットレスの詳細はこちら

The following two tabs change content below.

店長・三浦 峻

大学卒業後、雑誌編集・ライター業を経て寝具メーカー【西川リビング㈱】に入社。4年間みっちりと寝具・眠りに関する事を勉強して地元・愛媛県に帰郷。現在は三浦綿業の店長として、眠りの大切さを多くのお客様にお届けしています。
カテゴリー キャンペーン・お知らせ