Blog 私たちが伝えたいこと

2019/08/31

【大阪府のお客様】寒くなる前にダウナ羽毛布団を綺麗にリフォーム!

羽毛布団リフォーム

20190727i

こんにちは、店長です!

お盆明けから急に朝晩ひんやり涼しくなってきましたね〜。油断してお腹出したまんま寝ちゃったら風邪引いちゃいそう。みなさん気をつけてね!

今年の夏ももうすぐ終わり…という今日この頃、ここにきて羽毛布団リフォームのご相談が集中しています。愛媛県の方はもちろん、県外からの相談メールも多くなっておりますので、「寒くなる前に・増税前に羽毛布団をお手入れしたい!」とお考えの方はぜひぜひお早めにご連絡くださいませ。

今ならまだ9月中の仕上がりとお届けに間に合います!

→羽毛布団リフォームのご相談はこちらから

 

さてさて、今回は大阪府にお住まいのお客様から羽毛布団リフォームのご相談をいただきました。

 

20190727b

お預かりした羽毛布団は、毎度おなじみ大塚家具のダウナ羽毛布団です。今年は何枚のダウナをお預かりしたんだろう、というくらい多くのダウナをお手入れさせていただいております。

今回のお客様からはメールでのお問い合わせで

羽毛布団のリフォームを検索していてこちらのページを見つけました。約20年前に購入して、ここ数年暖かさが減った気がしていました。
できれば以前のような暖かさと柔らかさ、軽さが戻ればと思っています。

というご相談を受けました。

 

20190727a

サイズはダブルサイズ。20年以上お使いということですので、長年のお疲れが布団に現れていますね。襟元のあたりに汗などによる汚れが生地に蓄積している感じです。

 

20190727c

こうして全体を見ると羽毛の膨らみにもバラツキがあります。真ん中のあたりがややヘタっていてボリュームが少なくなっているような…。

お客様にお聞いてみたところ、やはり首元や足元の保温力が年々下がっていたそうです。羽毛の膨らみが失われたことで暖かい空気が取り込まれず、本来の羽毛のパワーが十分に発揮されなくなっていたのだと思います。

 

20190727d

中に入っている羽毛は今どうなっているのか?生地を開いてチェックしてみます!

 

20190727e

生地には傷をつけずに縫われた糸だけを外して羽毛を取り出します。

 

20190727f

取り出した羽毛を一旦集めて…。

 

20190727g

平たいケースに羽毛を並べていくと、上の写真のようなダウンが出てきました。これは玉ダウン(ピリング)と言って、羽毛に湿気や汚れがたまってくるとふわふわだったダウンがぎゅーっと縮んでしまう現象です。この状態で放置してしまうと今度は羽毛がボロボロに崩れてきて、キレイに復元させることが難しくなってきます。

今回のお客様に確認したところ、大塚家具の店員さんから『天日干し不要で、年2回(春と秋)に布団内の空気を入れ替えるだけでOK』と言われたそうです。その言葉通り今まで1度も日干ししたことがなかったというのですが、私個人の意見としてはダウナはぜひ日干ししてあげてください。日干しが難しければ布団乾燥機を利用してあげてください。

羽毛布団を干す目的は湿気を取ることです。太陽光に当てて殺菌する、といった効果を期待するものではありません。

ダウナは一般的な羽毛布団よりも通気性が高いので湿気がたまりにくいはずですが、毎日使っていれば湿気はおのずと羽毛に吸収されていきます。そのジメジメを定期的に発散させることで羽毛の耐久性が間違いなく上がりますので、ダウナに限らず羽毛布団は日干しして欲しいというのが私の見解です。

 

20190727h

羽毛を詳しくチェックしてみると、大きな膨らみを保っているキレイなダウンが出てきました。これは文句なく良質な羽毛です。核の部分も色濃く、羽枝もしっかり長いですので空気をしっかりキャッチしてくれそう。この状態であれば十分リフォームする価値があると判断できました!

リフォームの出来上がり!

20190810a

<リフォーム内容>

  • ダブルサイズ枚➡︎ダブルサイズへのリフォーム
  • プレミアムダウンウォッシュ(布団を解体して取り出した羽毛を直接洗浄)
  • 新品羽毛の補充:中国吉林省産スティッキーホワイトマザーグースダウン95%を400g補充
  • 新品生地:綿100%・100番手平織り(1㎡あたりの重さ:85g)
  • キルティング:たて6×よこ6マスキルト マチの高さ8cm
  • 羽毛充てん量:1,25kg

出来上がり参考価格:93,000円(税込)

 

20190810c

出来上がりがこちら。お疲れ状態だった羽毛をキレイに洗浄しながら膨らむ力を復元させることで、見た目にもふっくらと仕上がりました。

元々ダウナに入っている羽毛は高い品質を誇る原料ですので、きちんとお手入れをしてあげればまだまだ元気な状態に戻ってくれるということです。

 

20199810b

リフォームでどのような羽毛布団を作り上げていくかをお客様と相談している最中、

「ダウナの軽くて柔らかい質感は手放せない」というお客様からのご要望がありました。

となると新調する生地には重たいサテン織りは使えない。ここはやはり平織りかつ極力細い糸を使用した生地を使って、ダウナの着心地を出来るだけ再現しよう。

ということで、側生地は国内生産でも特に通気性の高い平織り生地を採用しました。生地もダウナのごとくしなやかな質感なので、きっとお客様も気に入っていただけるはずです。

※今回ご紹介している生地は通気性が高いため、劣化の激しい羽毛やあまり品質がよろしくない羽毛を入れてしまうと小さなホコリが飛び出してくる可能性があります。使用できるかどうかは羽毛の状態によって変わりますので、ご希望の方にはリフォームしたい羽毛布団をお預かり後にご案内いたします。

 

20190810d

リフォームする前と比べると、ふんわりとしたボリュームがしっかり回復してくれました。

完成品をお客様の元にお送りした翌日、

ご連絡が遅くなりましたが、羽毛布団到着しました。
仕上がりとっても満足です。
 
薄くなっていた首回りも充分な厚みで、早く寒くならないかと使える日を楽しみにしております。
この度はご丁寧な対応と仕上がりに感謝致します。
ありがとうございました。

というメールをいただきました!お褒めの言葉をいただき本当に嬉しく思います。

もう少し寒くなってきた時には羽毛布団が活躍してくれると思いますので、ぜひこれから気持ちよくお使いいただければ幸いです。

S様、この度は当店をご利用いただきまして誠にありがとうございました!

⇒ 羽毛布団リフォームの詳細はこちら

The following two tabs change content below.

店長・三浦 峻

大学卒業後、雑誌編集・ライター業を経て寝具メーカー【西川リビング㈱】に入社。4年間みっちりと寝具・眠りに関する事を勉強して地元・愛媛県に帰郷。現在は三浦綿業の店長として、眠りの大切さを多くのお客様にお届けしています。
カテゴリー キャンペーン・お知らせ