Blog 私たちが伝えたいこと

2019/11/29

【東京都のお客様】捨てる寸前まで諦めていた羽毛布団をお直しリフォーム!

羽毛布団リフォーム

20191119e

こんにちは、店長です!

今回は東京都にお住まいのお客様からお預かりした羽毛布団をお直し・リフォームさせていただきました。

お客様からお送りいただいたご相談メールには、

現在使用している羽毛布団が購入から20年ほど経過し、もうリフォームできないのではないかと思い近づく冬に備えて新しく購入しようと半分は決めています。出来るなら元通りシングル冬用2枚に再生を、又はクッション等にリメイクできないかと希望を持っています。本体を見てもらい判断していただけるとありがたいです。

という内容。お使いになっている羽毛布団が古くなり、リフォームできるのか買い替えた方が良いのか悩んでおられるようでした。

羽毛布団を20年使用する。これは何も特別なことではありません。当店でお預かりする羽毛布団の平均使用年数は15年ほど。品質の良い羽毛布団であれば20年しっかりお使いいただくことは十分可能です(日干しや丸洗いなど、定期的なお手入れをしているかどうかにもよりますが)。

寝具というものは毎日使うものですから気づけば5年10年はすぐに経ちますし、今使っている枕や布団が何年目なのかをパッと思い浮かべるのって結構難しいですよね。それくらい、生活になじんでいるというか溶け込んでいるというか。

今回のお客様にも「20年ほど経っている羽毛布団でもお手入れできることはたくさんあります。ぜひ安心して当店に送ってください!」とお伝えして、大切な羽毛布団をお預かりいたしました。

 

20191027a

20191027b

そうしてお預かりした羽毛布団がこちら。ご夫婦で使われていた2枚の羽毛布団(シングルサイズ)です。

 

20191027d

布団に付いているラベルが可愛い。

 

20191027c

もうひとつのラベルを見るとドイツの国旗が。ドイツ製の羽毛布団でした。

 

20191027e

印字が薄くなっていますが羽毛量は800g。ポーランド産ホワイトグースダウンでハンドピック(手作業で羽毛を採取)の文字が読み取れました。ダウン率は95%・フェザー5%。大塚家具のダウナと似たようなスペックの羽毛布団ですね。もしかしたら、ダウナの見本になった羽毛布団かも?

ラベルを見る限りでは羽毛品質ははとても高く、状態さえよければリフォームに十分再利用できそうな気配がします。

 

20191027f

では、中に入っている羽毛の状態をチェックしてみましょう!生地、開きます!

 

20191027g

取り出した羽毛がこちら。ふわふわしていてまだまだ元気そうに見えますが果たして。

 

20191027h

羽毛を細かく選別してみると、羽毛が小さく崩れている部分を発見しました。20年使用でのヘタリ・劣化がこの部分に表れていますね。羽毛がだんだんと壊れて小さくなってしまうと掛け寝具としての保温性・フィット感が薄れていき、生地からホコリとして出てくる段階まで来るとリフォームできるかどうかの瀬戸際になります。

 

20191027i

こちらは羽毛のふわふわ=ダウンです。とっても大きく膨らんでいて形も綺麗に残っています。もともとの品質がすこぶる良かった証拠ですね。新品でもあまりお目にかかることができないほどレベルの高い羽毛原料でした。

羽毛の状態をチェックした結果、今回の羽毛布団はぜひともリフォームすべきだと確信。丁寧にお手入れすることで新しいキレイな羽毛布団に生まれ変わることができます!とお客様にお伝えすることができました。

リフォームの出来上がり!

20191119b

<リフォーム内容>

  • シングルサイズ2枚➡︎シングルサイズ2枚へのリフォーム
  • プレミアムダウンウォッシュ(布団を解体して取り出した羽毛を直接洗浄)
  • 新品羽毛の補充:ポーランド産ホワイトマザーグースダウン95%を1枚につき300g補充(合計600g)
  • 新品生地:綿100%・100番手平織り(1㎡あたりの重さ:85g)
  • キルティング:たて6×よこ5マスキルト マチの高さ8cm
  • 羽毛充てん量:800g

2枚の出来上がり参考価格:156,000円(税込)

 

20191119a

シングルサイズ2枚の羽毛布団が仕上がりました。ベッドに並べてみると見違えるほど綺麗な仕上がりです。

 

20191119d

お預かりした羽毛布団は生地を一旦割いて羽毛を取り出し、洗浄と乾燥を行いながら今までの汚れをしっかり落としていきます。

劣化した部分は取り除き、目減りした量を補うために新品羽毛を補充。もともとのスペックと合わせるためにポーランド産ホワイトマザーグースダウン95%を使用いたしました。

新調した生地は綿100%の平織り。日本製羽毛布団に多いサテン織り生地も良いのですが、重量が重たくなってしまう+通気性が少し劣るため今回はお見送りです。体に吸い付くような着心地を実現しながら、通気性を良くすることで年中通してご使用いただける羽毛布団に仕立て上げました。

 

20191119c

こちらの羽毛布団をお届けした翌日、お客様からご使用の感想をいただきました。

大変お世話になりました。
お陰様で半分諦めていた布団をまた使えるようにしていただき大変感謝しております。
東京は今年の冬で一番寒い日になるそうです。
昨夜から新しい羽毛布団を使い始め、以前のへたっていた物よりだいぶ温かく感じられました。
部屋はまだそれほど寒くなっていなかったので、少し暑いくらいでした。
これからの寒い時期に活躍してもらいます。
ご報告がてらお礼まで。
ありがとうございました。

リフォームで羽毛布団がふんわりと回復してくれたようでホッと一安心。お客様から嬉しいお言葉をいただくことができて本当に嬉しいです!

A様、この度は当店をご利用いただきまして誠にありがとうございました。ぜひこれから長い間、羽毛布団をご愛用いただければと思います。

それでは、また!

⇒ 羽毛布団リフォームの詳細はこちら

The following two tabs change content below.

店長・三浦 峻

大学卒業後、雑誌編集・ライター業を経て寝具メーカー【西川リビング㈱】に入社。4年間みっちりと寝具・眠りに関する事を勉強して地元・愛媛県に帰郷。現在は三浦綿業の店長として、眠りの大切さを多くのお客様にお届けしています。
カテゴリー キャンペーン・お知らせ