Q&A

皆さまから寄せられるよくあるご質問

新居浜店と松山店の違いは何ですか?

創業から130年以上の歴史を持つ三浦綿業本店が新居浜市に、その新ブランドショップとして2019年4月にオープンしたのが松山店・THE BEDROOM SHOP sanbun_no_ichiとなります。どちらの店舗も寝具専門店としてオーダーメイド枕やベッドマットレス、羽毛布団、寝具のお手入れ、カバーリングや季節商品を多数揃えております。

また、睡眠知識と寝具に関する情報をきちんとお伝えできる専任スタッフが2店舗ともに常駐しておりますので、眠りへの悩みや寝具の選び方にお困りの方はぜひお気軽にご利用くださいませ。皆さまがぐっすり気持ちよく眠ることができるように、心を込めてサポートさせていただきます。

お店には駐車場はありますか?

はい、ございます。新居浜本店は最大で15台駐車できるスペースがあります。松山店(THE BEDROOM SHOP sanbun_no_ichi)は最大5台分の専用駐車場がございます。駐車場がいっぱいの場合は共有駐車スペースをご案内いたしますのでスタッフまでお申し付けください。

他社のオーダーメイドまくらと何が違うのですか?

商品自体の優劣を申し上げることはなかなか難しいのですが、あえて他店様との違いを挙げさせていただくとすれば、体型測定の正確性と作り手の技術+数多くの経験値ではないでしょうか。当店の体型測定は肩幅を測ったうえで、頭から足先までの背中のラインを測定する2段階方式です。身体全体の凸凹具合をデータ化し、仰向き寝・横向き寝それぞれの寝姿勢にぴったり合う枕の高さを算出していきます。

また、作り手のスタッフは1,000件以上の枕作成の経験があり、データ通りに枕を作るだけではなく、お使いになる方の頭の形や首の長さ、眠り方のクセに応じて高さを微妙に変えていきながら「ぴったり」を実現する技術を持ちます。この2つのポイントに関してはどこにも負けないという自信を持ち、日々お客様のために寝具をおつくりしております。

※当店が取り扱うオーダーメイド商品および周辺商品は、西川リビング株式会社(大阪府)のFITLABOブランド商品です。

⇒オーダーメイドまくらの詳細はこちら

オーダーメイドまくらは出来上がるまでどのくらいかかりますか?

カウンセリングであなたのお悩みをお伺いしてから身体の測定を行い、枕を作成・実際に枕のフィッティングを行う工程まで約30~60分で出来上がります。出来上がった枕は当日お持ち帰りいただくことができます。

測定をしたら、枕を必ず購入しなければいけませんか?

オーダーメイドまくらの体験は無料で行っておりますので、枕を必ず購入する必要はありません。いつでもお気軽にお試しください。

オーダーメイドまくらで肩こり・腰痛が治りますか?

ありがたいことに、当店でおつくりした枕やベッドマットレスをご愛用いただいているお客様から肩こり・首こり・いびきの改善、睡眠の質が上がったなどの感想を多く頂戴しております。⇒詳しくはお客様の口コミをご覧ください。

しかし、当店が取り扱う寝具は医療器具ではありませんので、肩こりや腰痛が『治る』とはいえません。オーダーメイドまくらは身体に負担のかからない理想的な眠る姿勢をつくり、より気持ち良い眠りをサポートするアイテムです。もしも肩・首こりがひどく、めまいや頭痛が頻発する場合は、別の疾患が関係している場合もあるので、医療機関への相談をお勧めいたします。

敷きふとんとマットレスの違いはなんですか?

基本的には厚みと構造が違います。たとえばオーダーメイド敷きふとんは厚み9cmで3つに折り畳むことができます。オーダーメイドマットレスは厚み18cmで1枚もの(ストレートタイプ)になります。寝室や眠りのスタイルに合わせてお選びください。

なぜスプリングコイルのマットレスを販売しないのですか?

当店ではスプリングコイルのマットレスを一切販売しておりません。その理由は、重たいとかゴミ処理するのがとても面倒なのでエコじゃない等いくつかありますが、一番大きな理由が「枕との相性を高めることが難しいから」です。

日本で販売されているベッドマットレスの多くがスプリングコイル入りで、シモンズやフランスベッドをはじめとした国内外メーカーが数多くの種類のコイルマットレスを展開しています。もちろん寝心地に関しては硬めから柔らかめまで多数ラインナップされていますので、お使いになる方ごとに合うマットレスを探すことは可能と思います。しかし、スプリングコイル全般に共通するのが、お客様が抱く寝心地の印象と体が沈み込む深さにギャップがあるという現象です。例えば、今自分が使っているコイルマットレスが硬めの寝心地だと思っている方がいて、その方の寝室にお邪魔して寝ている姿を横から確認すると、思いの外体が沈み込んでいる場合が多々あるのです。

体が沈み込む場合には枕の高さを低くする方が相性が良くなるケースがあるのですが、「硬めのマットレス」と聞くと体の沈み込みはそれほど無いのだとイメージして、高めの枕をご提案しかねません。これではお使いのマットレスとの相性が悪い枕をご紹介することになります。

枕の高さはマットレスや敷き布団の硬さに大きく影響されます。しかしスプリングマットレスに関しては硬さと体の沈み込みが比例しない場合があるので、寝姿勢に合った枕を仕立てることが非常に難しくなるのです。寝ている時の体を支えるのは枕とマットレスが一体になった環境です。双方がお使いになる方にぴったり合っていないと意味がありません。ゆえに 、当店ではスプリングマットレスの取り扱いは一切なく、寝心地と体の沈み込む深さが比例しやすい素材(天然ゴムや高反発ウレタン・ブレスエアー)でのマットレスをご案内し、眠る時の姿勢を一番キレイに保つような環境をご体感いただいております。

TVやCMでよくみる敷きふとんやマットレスは寝心地が良いのですか?

一概にはいえないというのが本音です。もし、あなたが10年以上同じ敷きふとん・ベッドでおやすみだという場合は、新品に買い替えることによって以前に比べて寝心地が良くなる可能性があります。

しかし、いくら有名なアスリートや著名人が使っていたり宣伝しているからといって、あなたに合うかどうかは全くの別問題です。体型・寝姿・寝室環境は人それぞれ異なります。その違いに合わせながら敷き布団やベッドマットレスを選び、「万人に合う寝具」という仮想ではなく「あなたにベストな寝具」を探すことが、より良い睡眠への近道であると考えます。だからこそ私たちは、一人ひとりのベストにとことんこだわる寝具選びのオーダー・作成をさせていただいております。

⇒ベッドマットレスのラインナップはこちら

ふとんやベッド・マットレスの配達はできますか?

ふとんやベッド・マットレスなど、すべての商品の配達を承ります。その他、羽毛ふとんリフォームや綿ふとん打ち直し、押し入れの整理などの集荷も受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

ふとん圧縮袋は使用できますか?

押し入れの整理にふとん圧縮袋は便利ですが、羽毛ふとんには使用しないでください。強い力で圧縮すると羽毛のふんわりとしたボリュームが復元しなくなる恐れがあります。もし圧縮袋を使用するのであれば、比較的圧縮に強い敷きふとんからの使用をお勧めいたします。

ふとんはコインランドリーで洗えますか?

洗濯表示に洗濯機可のマークが付いているものはコインランドリーで洗うことができます。それ以外の商品(羽毛ふとんなど)はコインランドリーで洗ってしまうと、生地の劣化や乾燥が十分にできない可能性があるのでお勧めいたしません。ふとんの汚れが気になるようでしたら、ぜひ当店の『ふとんスッキリ丸洗い』をご利用ください。

カバーリングやシーツはありますか?

はい、ございます。シングルサイズからクイーンサイズまで、色・柄も多数ご用意しております。また、昔ながらの綿ふとんに合う小さいサイズもありますので、お気軽にお問合せください。