Blog 私たちが伝えたいこと

2017/03/20

【新居浜市の口コミ】首のハリを何とかしたい!【オーダーメイド枕】

お客様の口コミ

20170320a1

こんにちは、店長です!

3連休の最終日。オーダーメイドマットレスをご購入いただいたお客様が再来店され、オーダーメイド枕の高さ調整をしたり、3名のお客様に新規でオーダーメイド枕をおつくりしたりと、眠る環境を整える寝具のご要望が続いた日となりました。

オーダーメイド枕をつくられた3名のお客様のうち、2名の方が60代のご夫婦。奥様・旦那様おふたりともに首のコリやハリが気になる・・・という悩みをお持ちの方でした。

5ミリの差でも大きく変わる枕の寝心地。

枕をつくるまえにはカウンセリング。今使っている枕のタイプや寝るときの姿勢(仰向きが多いか横向きが多いか)、お悩みの状況をそれぞれ伺ってみると、旦那様は10年ほど前に軽度の頸椎狭窄症(脊柱管狭窄症)と診断されたことがあるそうです。

背骨には、脳から続く神経である脊髄が通るトンネルがあります。これを脊柱管と呼びます。脊柱管狭窄症とは、骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などで、脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫され、腰の痛みや脚のしびれなどの症状を起こすものです。

加齢により骨や靭帯などが変性して起こることが多く、椎間板ヘルニアに比べ50代以降の高齢者に多くみられます。長い時間歩くと症状がひどくなり、しばらく休むとまた歩けるようになる、「間欠跛行(かんけつはこう)」が典型的な症状です。

⇒脊柱管狭窄症ってどんな病気?

奥様の方は、ここ最近朝起きたときに首が痛い、特に右側の首筋あたりがつらくなることが多いとのことでした。

首のコリや違和感が生じる原因はさまざまありますが、合わない枕を使うことで眠るときの姿勢バランスが崩れてしまい、その結果首に負担がかかる場合があります。

おふたりとも首に対しての不安があり、以前から気になっていたオーダーメイド枕を試してみたい!ということで当店にお越しいただいたご様子。その期待に応えるために、店長頑張ります!!

 

おふたりには眠る姿勢をキレイに整えることの重要性をお伝えして、体型測定を行いながら枕をおつくりさせていただきました。

 

20170320b

(画像出典:http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/236/236377/)

当店のオーダーメイド枕は、5ミリ単位で高さの微調整を行っています。単に5ミリといってもピンとこない方が多いと思いますが、皆さんが日頃使っているスマホやiPhoneよりも薄いんです!(iPhone7の厚みが7.1ミリ)

「そんな少しの差で変わるの?」とよく言われますが、

めちゃめちゃ変わります。

特に違いを感じやすいのが首のあたり。高さを上げすぎてしまうと枕が首を突き上げて痛くなってしまうし、高さが足りないと枕と首の間にすき間が出来て、頭の重さを枕が上手に支えることができません。

この微調整をお使いになるお客様ごとにきちんと合わせられるかどうかが、腕の見せ所です!

今回のご夫婦も「首をどのように支えるか」が枕作りのポイントだったので、丁寧に微調整を行いながら首が少しでも楽になるようにお仕立ていたしました。

 

20170318a1

出来上がった枕の寝心地に納得いただいた様子のおふたり。今日からオーダーメイド枕でぐっすりおやすみいただければ幸いです!高さ調整はいつでも無料ですので、お気軽にお越しくださいね☆

 

本日もありがとうございました!

それでは、また!

⇒オーダーメイド枕の詳細はこちらからご覧ください。

The following two tabs change content below.

店長・三浦 峻

大学卒業後、雑誌編集・ライター業を経て寝具メーカー【西川リビング㈱】に入社。4年間みっちりと寝具・眠りに関する事を勉強して地元・愛媛県に帰郷。現在は三浦綿業の店長として、眠りの大切さを多くのお客様にお届けしています。
カテゴリー キャンペーン・お知らせ